カテゴリー「鉄拳6 クリスティ 確反、対策」の42件の記事

2012年4月29日 (日)

オレ的鉄拳6攻略 ファランの連携個人的考察簡単に、他対策4月29日

ファランの連携について個人的に考察したいと思います。

参考にならなかったらすいませんm(_ _)m

ファランと言えば、RF、LFですね。この二つの構えからは様々な技が繰り出されます。

まず簡単に言っちゃえばRF、LFからの攻めは、投げはないので基本立ちガードでスマッシュローハイ(2LKRK 下上)やフラミンゴスイープ(コンボ可の下段こかし技)や∞中段キック(LF時のみ出せる LF中LK6LK6LK6・・・・・)を注意と言うことですかね。

LF、RFからは発生の速いジャブ、やコンボにいける中段、上段技 。コンボにいける下段こかし技、スマッシュロー&ハイ、連携技・・・と色々強力な技を繰り出せます。

そこでそんなRF、LFに移行できる注目わざと、フラミンゴからの連携について書きたいと思います。

・まずワンツー~はLF、RFどちらにもいけます。また、RP~もいけます。このワンツー~LFに行った場合、LF~LK6~LK6~LK6~・・・と中段サイドキックを永遠出し続けることが出来る技があります。この技はLK~LFに移行しまたLKを出すと言う動きです。コレを何回も続けて出せます。次にこのLKループ連携から、下段のスマッシュロー&ライトハイ(2LKRK 下上 ガード時ファラン+9F)にも移行したりしてきます。このスマッシュロー&ライトハイは最初の下段を食らったら次の上段をしゃがもうとすると上段がヒットしてしまう厄介な技です。下段食らったら、2発目上段はたちガードしましょう。このスマローライトハイ~はRFになるので、今度は反対に下段連携はライトロー&レフトハイ(RF中に2RKLK 下上)が来ます。こっちも下段部分食らったら素直に立ちガード。

・次にスマッシュロー&ライトハイ(2LKRK 下上 ガード時ファラン+9F)~RF始動の連携。

スマローライトハイ(2LKRK)~はRFに移行。RFからはライトローレフトハイ(下上)とRF中3RK(中段 ヒット時コンボ可)の2択が強力。もちろんRF中4RK(ライトスカイボルト 中JS)やファイアストームライト(6LKRK 中上JS)などの中段もあります。また、下段でフラミンゴレフトスイープ(RF中1LK 下段CS コンボ移行可)もあります。ちなみにスマッシュローライトハイ(RF)~スマッシュローレフトハイ(LF)~スマッシュローライトハイ(RF)・・・・の連携は上段部分ガード時しゃがみパンチで割り込めないです。素直にしゃがみか下段さばきですね。逆にLFからの∞中段LK(LF中LK6LK6LK6・・・ 中中中・・・・)はガード時、ファラン側は12Fのロスがあるので、次のLKが来る前にしゃがみパンチ(10F)で割り込めます。また、LF中LK6~2LKRK(スマローライトハイ)に来た場合もファランは14Fのロスがあるのでしゃがみパンチやジャブなどで割り込めます。ですがこのときジャブに対してはフラミンゴスイープ(下段)などのCSや、しゃがみパンチなどにはフラミンゴハンティングホーク(9LKJSRKLK)などのJSに注意(* ̄0 ̄)ノ

・次に2LKLK(スマッシュロー&クイックレフトキックコンボ 下上上)~LFもあります。⇐この技も下段食らったら上段部分しゃがもうとすると食らうので、下段食らったら素直に立ちガード。

このLFからはスマッシュローライトハイとLKループ(連続LK 中段×∞)の2択が一番怖い。他にLFからコンバートミドル(LF中4RK 中段)やクイックレフトキックコンボ&レフトソード(LF中6LKLK 上上上浮かせ)やフラミンゴレフトヒール(LF中3LK 中 ガード時+-0F)やフラミンゴライトスイープ(LF中に2or3RK 下段こかし技 コンボ可)など注意。

・RFに移行する技は他に、3LKRK(中上)~RFもあります。この技は2発目の上段しゃがもうとしても3LKLK(中中 G時-14F ヒット時追撃あり)があるのでしゃがむのはあまり有効じゃないかも。このRFからもスマッシュ&ライトハイ(2LKRK)~RFからの連携と同じ連続技が考えられます。

まあファランのフラミンゴ連携で注意すべき技はスマッシュロー&ライトハイ系の(下段上段連携)。LFでの∞LK(中段×∞)連携。各フラミンゴスイープ(コンボにいけるCS付の下段こかし技 コンボ可)。フラミンゴレフトヒールORライトヒール(中段かかと スマッシュ&ロー系の技でしゃがむ相手などに使ってくる)。レフトスカイボルト、ライトスカイボルト(フラミンゴ中4LK、or4RK 中段JS)などですかね。

・レフトキックコンボ2発目~右掛け蹴り(LKLKRK 上中上~RF)もRFへ移行なので注意。

・LKLK6(レフトキックコンボ2発 上中6)~LFもあります。この技の動きからそのまま∞LK(LF中LK6LK6LK6・・・・)の連携や、スマッシュローライトハイや、フラミンゴライトスイープ(LF中に2or3RK)など注意!

::単発技考察::

ファランの単発技でエスケープキック(7RK)があります。中段のJS技で、後方へ少し避けながら右中段回し蹴りを出す技で、相手の攻撃を避けながら攻撃できる便利な技です。この技で距離をとったりします。ポン拳や胴抜きなどのようにリーチのある技でなら打ち負けなければつぶせます。

9RKRKRK(エアレイド 上JS中下)も注意。近距離で、ファラン側有利な時に使ってきます。この技からはRFor右構えへ移行可。

LKLK2LKRK(レフトキックコンボロー~右掛け蹴り 発生14F 上中下上~RF)も注意。近~中距離で使ってくること多い。同じLKからの連携でLKLKLK(上中中 G時-14F)もあるので注意!

LPLPLKLK(上上下上 下段食らうと次の上段も食らう)も近距離で注意のよく使われる連続技。

RKLK(上段中段)は発生のはやいRK(発生11F)~中段の連携で近距離で使い勝手がいい技。2発目が中段なので、ファランからすればしゃがむ相手などにも有効な技。

発生11FのRKからは他にRKRKLK(上上中)(B)なども注意。

4RK(ミドルクレイモア 中段 G時-7~-8F)も発生が比較的早く中距離でも打ち負けにくい使える技。技後は右構えへ。カウンターで食らうとダウンし、そのまま寝てると、ファランは右構えから66LK(ハンティングヒール 中JS)(B)で追撃狙ってくるので、その場合すばやく横転受身で回避したい。

また中距離~遠距離の奇襲に9WKRK(フラッシングトライデント 中中中JS)があります。非常にリーチのある飛び蹴り3発。ただし3発目ガード時ファラン-13Fなのでワンツー確反入る。(2発止めの時はガード時-9F)。

カットバック(右構え中に66RKLK 中上~右構え)この技は2発目の上段をガードしてしまうと、ファラン側+14~+15Fになり、ファランの右構えからの技で14、15Fよりも早い技(RP始動の連続技など)が確定で入れられてしまう。例えばカットバックの上段部分ガード時~ファラン右構え中RP4RK(ライトジャブ&スピニングバール 上上)が決まってしまいます。なのでこのカットバックの上段部分はなんとしてもしゃがみたい!!(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

ファイアクラッカー(2RKRK 下上 意外とG時-8F)も注意。カウンターで浮かされます。

また、2発目の上段はしゃがんでかわしたい。

あと右構え、背向けから出せる特殊投げ(右構え中に接近してLP+LKorRP+RKor背向け中にLP+LK6)は投げの種類も通常のものと違い、抜けもWP抜けなので注意。(*^-^)

(._.)アリガト。

|

2012年4月25日 (水)

オレ的鉄拳タッグ2U攻略 クリスティ ゲーセンで対飛鳥戦 対策少々

今日ゲームセンターで対戦しました。

飛鳥のソロと対戦

結果は2勝1敗で最後3戦目負けました。

飛鳥戦で注意するのは後転起きに6RP(鬼殺し)あわせられ浮かされないよう注意。

こっちはエディクリのタッグだったのでチェンジの時など特に注意!!sign03sign03sign03

あと、飛鳥の空中コンボでコンボ途中止めて、こっちが横転受身などした瞬間に

水面澄まし[LKRK](下段CS ヒット時転びダウン)食らわないよう注意。sign03

↑コレは他のキャラにも言えることと思いますが、飛鳥が空中コンボ途中で止めて、こっちが横転受身したところへ水面澄まし[LKRK](下)を当ててくると言う流れ。コンボは途中でやめるので、間合いが開いてない状況で水面澄ましを当てに来る。こういうときは横転以外のおき方を選択したい。かといって後転起きは鬼殺し6RP(中浮かせ)が怖いので難しい。相手の動き見て要判断。

水面澄ましからは基本6RP(鬼殺し)などのコンボが入る(45ダメ)。今回は最後この方法でやられました。(ノд・。)。

・ちなみに水面澄まし[LKRK](下段CS)はガード時17~18F →立ち途中RP入ると思う。

・2WK(紫雲二段蹴り 下上JS) 下段上段なのでしゃがみガード安定な技。最初の下段食らっても次の上段しゃがんでかわせるのかな??

・WK(流雲墜 中中JS)→ガード時飛鳥-6Fでいちおうこっちが有利。ヒット時コンボも可能なので起き上がりなどに食らわないよう注意!。

・鬼殺し(6RP 中段浮かせ)はガード時-20Fなので→発生16Fのビリバで浮かせられる。

(._.)アリガト

|

2012年4月24日 (火)

オレ的鉄拳6攻略 クリスティ 仁対策立ち回り等少し 4月24日

クリスティで仁と戦う際の対策や立ち回りやります。

まずジンから見ればクリスティは座りや、CS技がウザイのでそれらを封じるために

けん制技を振ってくる場合が多いです。仁のクリスティへのけん制技は色々あります。

中距離では4RPLPと6RK、6☆23LP(左突き上げ)ですかね。

4RPLP(中中)はガード時仁側-9Fなので、ガード時は3LPLPと投げ(3WPなど)で強制2択迫っちゃうのも手です。6RK(右中段前蹴り 中)はガード時-8Fですが距離が開くのでやりずらいかな・・・。6☆23LP(左突き上げ 中段)はガード時-12Fでワンツーはいる。6☆23LP(最速左突き上げ 中段)はガード時-10Fでこっちの反撃ターンにはなる。

:他:

・9RK(前蹴上げ 中段うかせ)→ガード時-11F ワンツー入る

・WP(正中線乱れ突き 中中上)→ガード時ワンツー入る。

・2WK(飛び二段蹴り 中中の浮かせ)→ガード時(-18F)ビリバ入る。

・立会いで、中距離で不用意に逆立ちになるのは避けたほうがいいです。4RPLPで拾われコンボ行かれる。

|

2012年4月19日 (木)

オレ的鉄拳6攻略 クリスティ リリ対策少し 10連コンボなど対策 4月19日

クリスティでのリリ対策少しやります。

・リリの3RKRK(シャットアップスタンプ やりずらい中下の連携)下段ガード時フズィ入る。

・9LK(カプリコーンキック 左ライトゥー)ガード時-12~11F→ワンツーはいる?

10連コンボは3種類あります。内、1個(10連コンボ3)は下段なしなので立ちガード安定。

最初に書く2つは下段部分があり食らうと大ダメージ食らうので、動きをしっかり覚えたい。

・10連コンボ1 RKLPLKの動きから~3RKRK(中下)が来る場合→下段部分捌いた方がいい。

・10連コンボ2 同じくRKLPLKの動きから~6WK(クロックキック 中中JS ディレイがかかり遅い)、の動きから→滑り込み下段が来るので下段を捌く。

・10連コンボ3 同じくRKLPLKの動きから6WK(クロックキック 中中JS ディレイかからない)で〆のコンボ。→立ちガード安定。2と混乱しないように(o・ω・)ノ))

リリは中距離バックフリップ(3WK 中JS 飛距離がある 発生24~29F)が強力(コンボ移行可)でやや遠い間合いで振ってくるので、バックフリップ封じのためになるべく近距離で戦ったほうがいいのかな??・・・と個人的には思います(^-^;

中距離は横移動使って攻めずらくするのも手ですがクリスティは横移動が余り得意じゃないのでなんともいえない・・・・。( ̄Д ̄;;

|

2012年4月18日 (水)

オレ的鉄拳6攻略 ファラン対策少し2 4月18日

ファラン対策少しやりたいと思います。

ファランは基本たちガード。近距離はLPLPLKLK(上上下上)や9RKRKRK(上中下)など注意。2LKRK(下上 スマッシュろーライトハイ)ももちろん最注意技。1RKRK(下上)はガード時ファラン-3Fなので上段部分しゃがみたい。近い間合いも遠い間合いも立ちガードですね。中距離は9WKRK(フラッシングトライデント JS中中中 ガード時ファラン-13F)で突っ込んでくることあり。9WKの2発止めなら-9F。結構飛距離あるので注意。あと中距離は2RKRK(ファイヤークラッカー)カウンターなども食らわないように。浮かされます。66LK(回転かかと落し)~右構えはガード時ファラン側5から7F有利なので下手に反撃はアブナイ。右構え~RPRKやLKRK(中段上段)~RFなどあるので下手な反撃は危険。9LKRK(JS中中)はガード時ファラン-12F。4LK(レフトプラズマブレード 中段浮かせわざ スカ確に出してくること多い)はガード時ファラン-15F。

近距離ではファランは崩しは2LKRK(スマッシュローライトハイ)や1LK、横移動RK(シャープクレイモア ヒット時ファラン+6F)、各フラミンゴスイープ(フラミンゴからダウンする下段 コンボ移行可)くらい。中距離も下段の崩しは皆無に等しいので投げで崩してくる傾向も強い。

近距離ではスマッシュロー系の下段で崩しをいれ、カウンター狙ったり、中距離もカウンター狙ってと言う感じの戦い方と思います。

ファランはやはり上段技が多く、また強いので、打ち合いなどでしゃがパンはやはり有効。

固められたり、厳しくなってきたらしゃがパン暴れ(リスクもあるが)も有効。ただし、あまりあからさまにやると当然よくない。

::結論::

基本たちガードでスマッシュローやフラミンゴスイープ注意し、投げも注意。中距離も飛距離のある中段技(9WKや66LK)に注意。カウンターも狙ってくるので注意。しゃがパン有効。

終わりpaperyeneightpencilm(_ _)m

|

2012年4月16日 (月)

オレ的鉄拳6攻略 ファラン対策少し 4月17日

ファラン対策少し

ファランは中距離で4RK(ミドルクレイモア 中段)が使い勝手がいい技なので

この技を中距離で注意したい

この技をガードすればファラン側-7Fなので、ジャブ又はしゃがパン出せば、ファラン側は割り込めない。

ちなみに技(4RK)後ファランは右構え。ガードすれば右構えRP(上段)もLK(中段)もRK(上段)も、ジャブかしゃがパンだしとけば、ファランに割り込まれないです。ただしジャブは距離を考えて出したほうがいいです。(o^-^o)

あとやや近い距離では6RP(ミドルバックブロー 中段)があります。ガード時ファラン-5Fで右構え移行です。ガード時ここからファランはRPLPLP(上上中)やRPRKLK(上上中 (B))やRKLK(上中)(B)やLKRK(中上RF)や3RP(右アッパー)、しゃがみRPや投げなども出してくる。注意!

|

2012年3月16日 (金)

オレ的鉄拳6攻略 クリスティ ファランちょこっと対策 ファランちょっといじってみた

ファランをちょっといじってみたので少しだけ対策を・・・。

ファランはやはり中距離は苦手だと思います。透かしレフトプラズマブレード(4LK)や、3RPの置きやブラッディーギロティン(8WK JS)の置きなどもありますが(これらは全てコンボ移行可)、中距離は強いけん制技が少ないと思います。ちなみにレフトプラズマブレード(4LK)はガード時-15F。

中距離で攻めてくるとすればまずフラッシングトライデント(9WKRK ジャンプしながら中中中の技)。多分9WK(ガード時-10F)2発止めで使ってくると思う。9WKRK出し切りはガード-13F。[6LK☆LK](レフトフラミンゴ☆LK ダウンする中段)もリーチは長くないですが使えます。

他には、4RK右構えのミドルクレイモア中段なども強い。サイドキックコンボミドル3LKLK(中中 カウンターで追撃)はガード時-14F。3LK,3or6RK(中上 サイドキック~ローリングライトキック)はガード時-1Fでファランにはリスク少ない技。あとはハンティングホーク(9LKRK ヒット時コンボ可)もリーチがある。あとはエアファング[LKRK]中中の技もリーチある。他にも6☆23RK(ライジングブレード 浮かせ中段)、6☆23LK(ファランクス~LF。 中段 HIT時追撃あり ガード時+-0F)や66RK(バズーカキック 上段)などですかね。これらは中距離で使い勝手が悪いように思います。

他には右構え中66RKLK(カットバック 中上)はガード時+14Fなので、そのままファランは右構えの14Fまでの技で追撃可能です(右構え中RP4RKなど)。なのでカットバックの2発目の上段はなんとしてもしゃがみたい。ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

あとファランは下段技が乏しいですね。1LKの削り~立ち途中RKRK(踵落とし)は注意連携。9RKRKRK(上中下 技後レバーニュートラルで右構え、6でRF)も最後の下段注意。

横移動RK(シャープクレイモア 下段)~右構え、はカウンターでコンボ可。2RKRK(ファイヤークラッカー)は下段上段なので2発目上段はしゃがみたい。あとは1RK(下段)もあるけど、やはり全体的には強い下段が少ないですね。基本立ちガード安定ですね。あと気をつけるべきなのは、近距離でのフラミンゴスイープ(フラミンゴ中に出せるダウンする下段 追撃あり)ですかね。

終わり(o^-^o)

( ̄▽ ̄)typhooncancerclubrestaurantcafecapricornusmoneybagcherrybreadpcdollarmusicsoccersun

|

2012年3月10日 (土)

オレ的鉄拳6攻略クリスティ アーマーキング対策少々 他

:注!!

クリスティのコンボ入れた後相手と距離が離れたとき666(走り)LK(下段)は読まれないように。多様は禁物。しゃがみガードされると反撃食らうので、666(走り)から3WKや9WKや9RKなどの中段も織り交ぜるように(o・ω・)ノ))。

あと基本クリスティの「暴れ」は4LKLKか1WPですね。通常の暴れは4LKLKで上中段すかしての暴れは1WP。この二つが暴れの軸です。リターン考えないなら7RKも暴れに使える。

「攻め方」攻め方の1つとして非常に有効なのがやはり6WP(生逆立ち)。ここからRPやRKなどの中段とWKの投げはまず見て対処は不可能なのでこの攻めは上級者などにも普通に有効な2択です。

「小技」9RK(シャバジリャ 中段JS)は相手ガード時そのまま4LKLK(ベンヘラ)でカウンター狙いも意外と強い。使ってみてもいい連携。

「アーマーキングについて」

アーマーキングの1LK(水面蹴り 下段)は厄介です。ここからしゃがみ下段にきたり、2WK1発止めなども入れてこられると痛い。(;д;)

アマキンの1LK(下段)はガード時ルピが入るのでコレで対処したい。9RK(中段JS)で対処もあり。あと中距離座ったとき座り横移動(座り中2☆or8☆)はやはりアマーキングのWKLK(フライイングエルボー)が出しにくくなるみたいですね。横に移動する距離が結構あるので相手もタイミングに戸惑うみたいです。あとはスカ確(ブラスマなど)注意です。

|

2012年1月29日 (日)

オレ的鉄拳6攻略 クリスティ 熊のハンティングスタイル&オレ的エディクリの近距離での技ランク

熊のハンティングスタイル(HS)について少し研究しました。

HSに移行できる技はいくつかありますが代表的なものは9LKRKWPWK(中中中HS移行)。

この技を近距離で出されガードしたばあいこっちは13F有利になります。このときつぶすのにいい技はまず4LK6。4LK6はベンヘラ4LKLKの場合一発目はヒットしますが、熊が立ちガードした場合ヘランパゴがガードされます。なので2発連続ヒットする4LK6がいいです。あとは2RKですかね。コレも2RKLKだと立ちガードで2発目ガードされますが、カウンターなら連続ヒットします。熊が手を出してきたらカウンター狙いなどケースばいケースで使うといいです。このように派生技から近距離でHSに移行する場合もありますが、WKでもそのままHSに移行できます。こういう場合は4LKなどじゃ届かない間合いで移行されたりします。やや離れた間合いでHSに移行された場合すばやくつぶしたいときは3RPが有効です。発生的にもリーチも意外とありHSつぶしにもってこいです。あとはリーチを買うなら立ちRK(中段)。ダメは少ないですが発生早くつぶせます。最後に中距離くらい離れた場所でHSに移行してきた場合それをつぶすときは9RK。コレは中距離で役に立つリーチの長い中段でHSにもヒットするので中距離は使い勝手がいいです。あとは6WK。これは当たりが強く上手く当てればコンボにいけます。他には3LKもいいかな・・・。まあこんなところです。このほかにもHSにヒットする技はあります。例えば3LPや1RKや2RP。これらの技も状況しだいで出してもいいと思います。

:続いて:

個人的エディクリの近距離での技ランクに行きます。コレはエディクリは、上級者相手には固有技~座りなどから直接攻めることはまずありませんのでどうしても座りなどの構えをある程度封じ近距離で打ち合うことになると思います。8割9割そういう状況になると思います。

そこでバックステップで間合いを取ろうとする相手と近距離戦で打ち合う際、重要な技の個人的ランキングを書きたいと思います。

(Aランク)・3RP ・3WP(41236WP) ・ジャブ ・ワンツー ・横移動中RK  ・1WP ・3LP  ・3LPLP ・2RK ・3RK 

まずこれらは主力技です。3RPはコンボ狙える一番のダメージ源。隙も少ない。また、3RPガードされ相手が反撃に来ようとしたら1WPスカシもいい。3WP(41236WP)はコマンド投げですが相手の立ちガード崩しに有効。ダメージも高いのも魅力。特に41236WPは使えるようになれば、ちょっとしたコンボ並のダメ(50ダメ)が奪える。ジャブとワンツーは発生が早くクリスティ相手に立ちガード固める相手にはよくヒット(ガード)します。横移動中RK(トロッカ 下段)はしゃがみステータスつきの隙の少ない下段でヒット後はさらに攻め込める非常に使いやすい技です。エディクリにはなくてはならない大事な技です。近距離で使える技だと思います。1WPは相手の攻撃避けてコンボいける。また相手にワンツーやローなどの攻撃食らったとき、あいてがさらに攻撃しに来たときなど1WP仕込んどく(一種の暴れ)と引っかかることも多い。3LPはしゃがみ対策。ジャブなどを相手がしゃがむところへ3LPでヒットさせます。3LPLPもしゃがみにいいです。また連続ヒットでおいしいのですが、ガードされたときは相手が反撃に来ようとしたら1WKなどでスカシもいい。2RKはカウンター狙いなら2RKLK。1発止めならその後しゃがみからの戦略あり(やっぱり投げなどは有効)。3RKは削りの下段。近距離で結構使える。

(Bランク)・2[LKRK]アグア    ・左右投げ  ・しゃがパン(LP) ・1LK☆RK ・フズィ ・4LK(4LKLK) ・LK  ・WP  ・RK ・ルピエルナ ・2RP1発止め  ・4LP(ガット)RK・・・  ・4RP  ・7RK ・横移動WK

アグアは結構使える下段ですが、今作タッグ2で弱体化しました。また、立ちガード崩しには投げや、2RK、3RKなどでもやっていけるのでアグアはAランクとBランクの中間くらい。ですが相手の左右横移動にもつよいのでかなり使える。左右投げは相手の立ち崩しですが両パン投げよりも抜けやすいと言うことでBランク。しゃがパンLPは上段スカシながら。そのあとのしゃがみ~3RKなどもいい。1LK☆RKはかなり近くないとヒットしないけれど連続ヒットする下段技。1LK☆RKLK☆RK当たりまで派生させても面白い。フズィも連続ヒットしコンボにいける技ですが出し切りはやはりリスクがあるので1発止め(上段)など。ちなみに相手ガード~反撃にきそうなら1WPスカシ狙ってもいい。4LKは隙の少ないあたりの強い中段。4LKLKはカウンターでコンボですが当て勘が必要。また4LKも相手ガード時反撃来たら1WPスカシの選択もいいと思う。LKは相手の右横移動対策のための技。WPは左横移動に強い(LKも左に強い)。この二つは発生などは遅いですが、横移動読んだらこの技で止めたい。ルピエルナはリーチがある浮かせ技。かなりのダメージ源にもなりますが多様は禁物と言うことでBランク。2RP1発止めはガードされても1WPスカシも有効。4LP(ガット)は個人的には結構使える技。中段なので当たりも強い。ただ発生が早くないのでBランクにしました。ガット(4LP)からは逆立ちに行ったり4LPRKLKに行ったり・・・。またガット(4LP)1発止めもいい。また逆立ち移行時相手のリアクションで3っつの攻め方が生きてくる。まずジャブなどで反撃に来る相手→2で低い姿勢へ。低い姿勢をつぶしに中段や下段などあまり早くない攻撃でつぶしに来る相手→RK(パラフーゾ)。パラフーゾなどで手を出せなくなった立ちガード専念の相手→WK(投げ)や4LK(下段)など。逆立ちRPや逆立ち2LKも有効。8LKで再び逆立ち~2で低い姿勢なども面白い。

ガット(4LP)1発止めも近距離(中距離も使える)立会いで使える。相手ガード時、相手の反撃に1WPすかしも有効。ガットは近距離のみでなくやや離れた距離でも使えるので頼れる新技です。

4RPは近距離でジャブや3RPなど撃ってガードされ相手がパンチで反撃に来たときや、6WK(へヴェルサオン 中中)相手ガード時反撃に来た瞬間4RPスカシなどもよく決まる。ただキック系の技だと横に避けきれない技が多いので、相手のワンツーやアッパ-系の技や一部のキャラの右ライトゥーや平八の瓦割り、かかと切りなどや突進系の技に有効です。7RK(7ライトゥー)は食らうと不利になる技(レイの背向け中2LP下段や、マードックのしゃがみ3RKなど)食らったときに暴れなどにいいかも。横移動中WKはコンボにいけるリターンの大きい技ですが発生までがちょっと遅いのでBランクですが、置き技として結構使えると思います。

(Cランク)・1WK ・1RK ・生すわり ・9RK ・LPLK ・2LK ・WKLK 

Cランク技は変り種の技が多いですね。たまあになら使える。そんな技だと思います。

1WKは1WPでは避けられない技でも避けられたりします(ポン拳やレッグスラッシュや胴抜きなど)。9RKは近距離でも下段スカシ狙いなら使える。WKLKは相手の攻撃をすかしながらや、ガードさせても有利取れる技です。

ビリバ3WKは近距離よりも中距離でのすか確などに使うので今回ランク外にします。

あと新技66RKは浮かせ技ですが、この技はまだなぞの多い技でこれから研究していきたい。浮かせられるのでリターンは高いと思います。どういう状況下で力を発揮するのか研究していきたい。(*^-^)

最後に1WPスカシの戦法ですが当然相手が手を出してこないと使えない戦法です。また、下に判定の強い技などが多いキャラには使いにくい技なのでケースばいケース。

(._.)アリガト

|

2012年1月15日 (日)

鉄拳タッグ2攻略 エディクリ 対一八簡単対策確反。

一八はオールラウンドタイプの使いこなせれば強いキャラだと思います。一八は確反をしっかり覚え確実に確反でダメージを削っていくのが重要と思います。

一八:確反

・LPLPRP→確反ビリバ

・LPRPRP 上上上→確反ワンツー入る

・ワンツー派生は上段か下段しかないのでワンツー見たら取り合えづしゃがむのもいい。

・WP(発生の早い中段2発。近距離で打ち合いになったらコレに頼る場面も多いはず。)→確反ワンツー入る

・6RP(心中突き パンチ捌きもある中段突き 近距離でも使ってくるはず。)→ワンツー入る

・6WPRP(魔神閃焦凶鳴拳 中中 連続ヒットはおいしい)→ワンツー入る

・3LPRP(六腑凶襲拳 中上段 2はつめしゃがめれば一番いい。G時+1Fしゃがみ 立ち途中技に4LPRPをあわせられたりするのでそのまましゃがみRKなど。WPなどの中段に来たら立ちガードがいいかな。)

・3LP6RP (六腑凶鳴拳 中中 ↑の技でしゃがまれないように出してくる。)→ワンツー入る。

・3RP(中 カウンターでコンボ 近中距離での主力といっていい)→ワンツー入る

・3LKRP(胸尖昇拳2発目 中中 近距離で来ること多い)→ワンツー入る

・3RKRK(かかと切り 中中 近中距離の主力G-14~-15F)→ワンツー入る、3RP入る?。

・4LPRP(速疾號打 上中連続ヒット)→RK入る・・・と思う。

・4RPRK(魔神連震殴打2発目 中上 2はつめの上段しゃがんでフズィ?)

・9RPRP (螺旋裏拳 6では44RPRP入力だった。上下CS ヒット時コンボへ G-16F)→立ち途中RP、RK入る。

・立ち途中LPRP(ダブルアッパー 中中 浮かせ技)→ワンツー入る

中距離は風神拳が脅威ですがしゃがみですかしてフズィなど決めたい。しかし、中距離ではしゃがみ対策に6LKなどが飛んでくるので注意。6LKはカウンターで追撃もあります。

あと中距離では66LK(中段)、4WP(中段 カウンターでコンボ)4RPRK(あたりの強い中上段)なども注意。

近距離では先ほど書いたWPや3RPや9LKや3RKや4RPRKなどの中段と、ジャブなどの上段始動技。しゃがパンも。一八は中距離が強い。中距離よりは近距離のほうが不得意だと思います。なので近距離ごり押し気味もいいかな・・・(* ̄0 ̄)ノ

あと近距離で1WPや4RPスカシもいいかも・・。

:デビル時

・3LPRP(デビルアッパー 中中の浮かせG-13F)→確反ワンツー入る

・66RP(デビルフィスト 中段 カウンターヒット時貫通していく技)→ワンツー入る

このようにガード時ワンツーなどが確反ではいる技が色々あります。確反でダメージ稼ぐのが重要だと思います。

|

より以前の記事一覧