カテゴリー「学問・資格」の4件の記事

2013年2月27日 (水)

最近宇宙について興味がわいてきました。

最近宇宙に関する書物などをよく読みます

宇宙はとてつもなく広大で不思議がいっぱいです。

宇宙のせかいにひきつけられてます。

(*^-^)

↓星の大きさ・比較

http://www.youtube.com/watch?v=UsP-C3J0PjU

http://www.youtube.com/watch?v=7-ylmHxjg1c

びっくりします!!Σ( ̄ロ ̄lll)

|

2012年2月22日 (水)

寿司マニアの中学高校生、大学生へ勉強法アドバイスその2

僕自身学生時代の勉強は赤点など得意なものではなかったのですが、失敗や経験を踏まえて今学生の方にアドバイスさせていただきたいと思いますm(_ _)m

まず試験などで赤点等取るともったいないことしたーー!と思いませんか?成績表に赤点がつくのはもちろん。時には赤点を取った教科は夏休みなどの長休みに補習など受けさせられせっかくの長休みが減ってしまったりしますよね。実にもったいないことです。

勉強法で1日10分勉強法は以前の記事で書いたので省きます

今回はどのように勉強すれば効率的かつ楽に高得点を取れるのか?

やはり学校で時々行われる「小テスト」は得点源になりますね。あとは先生が特に強調した事柄などもテスト出現率高いです。まあ「鉄拳」などのゲームで駆け引きが上手いプレイヤーの方方ならそういう戦略は鉄拳に限らず、もともと特異だと思いますよ。

あとは記憶必須事項、コレは化学で言うと元素記号や元素式(元素の式計算)、社会科で言うなら大きな事柄(歴史上重要度の高い事柄)が起きた年号やその出来事(794うぐいす平安京遷都など)。コレは起こったことが大きな出来事であるほど優先的に覚えましょう。そのあとに細かいことを徐々に覚えるようにしましょう。英語は教科書で触れた内容(ページ)に出てきた単語、文体。特に文体は分かりずらいのでどこ覚えたらいいか分からない場合は頭のいい友達などにきいたり、授業中の先生の言葉は洩らさないよう注意ですね。物理学も計算が多いですね。なので公式系(計算式)のものは暗記必須ですね。数学的な問題が多いので公式を覚えて計算してという流れが重要と思います。文学も英語と似ていると思います。漢字は覚え、文体の形なども覚える必要があります。後人の心理(このときこの人はどう思ったかなど)なども授業中の先生の言葉の中に出てくるので人の心理などは聞き逃さないほうがいいですね。なぜ彼はそうしたのか?・・などこの手の問題は文学(現代文)の試験では 必ず出てきますね。

あとは10分勉強法でこれらの勉強をし基本暗記する。

理想を言うとやはり塾に通うのは一番効果的ですね。よく通信販売のシンケンゼミなど毎月教材が送られてくるやつは、実は寿司マニア的にはあまりお勧めしません。やはりいくら教材がありやろうと思っても人に見られてたりしないと勉強って物はつずかないですからね。逆に塾などはお勧めです。塾に行けば先生の目がありますから必然的に勉強するようになります。中でもマンツーマンで教えてくれるような小さな教室で少人数教えてるようなところに通うのはいいですね。なぜいいかというと大きな大手の有名塾などだと学校の内容とずれてしまうこともあるんですね。

なのでマンツーマン的なところなら個人的に見てくれますから、ピンポイントのアドバイスをしてもらえるんです。特に試験に出そうな問題などは先生は分かっていますから試験問題を教えてもらいに通ってるといっても言いすぎじゃないかもしれません。週に2,3回通うのがきついなら週1でも十分効果があると思います。

まあ個人的に一番手っ取り早いのは週1でも塾に通う、でしょうね。コレが一番確実だと思います。先生は、僕なんかよりも100倍参考になるアドバイスしてくれますし。

あと大学生は僕は大学で留年もしたので大きなことは言えませんが授業で不明だった点はその日のうちに解決する。重要ですね。大学の勉強は当然高校よりも高度で難しくなりますから分からないことが日々募ってくると試験前のスパートではとてもとてもおっつかないです。また、高校よりも留年率、中退率高いですがそのほとんどは授業についてけなくなったりとかです。よく大学に入って遊びまくってやる!!と言う声を聞きますが遊びまくってたら確実に留年しますね。そして留年すれば、選択できる(大学は授業は選択制です。選択できる授業は学年によって違います)授業に知り合いがなくなりますます授業に張り合いがなくなる。そうなってくると最終的には中退になってしまいます。大学は甘くはないです。

最後に参考資料→ http://study-mania.com/

↑のサイト内で特にいいことが書かれてると思ったことがあるのでコピーします。

あなたも過去に一度はこんなこと経験しているはず。

「あれ?昨日の授業内容は理解できたはずなのに、今日問題解いたらわからない!」
「家で教科書の内容を完璧にしたはずなのに、何もわからない。。」

なぜでしょうか?
アウトプットの部分が抜け落ちているからです。
アウトプットとはインプットの反対、つまり覚えた知識を外に出す、アウトすることを意味します。

あなたが感覚的にわかった!と思っても、それは実はわかっていないのです。
実際にアウト、頭の中から外に引き出せるようになってはじめて知識を自分のものにできたといえるのです。

学習の最後に以下のようなアウトプット勉強法を取り入れてみてください。

小テストをしてアウトプット

アウトプットの基本的な方法がこの小テスト。
英語、数学、どんな科目であれ学習の最後は小テストという気持ちで。
>続きをみる。

問題集を解いてアウトプット

受験生なら必須ですね。
勉強した本人は教科書や参考書を頭で理解したと思っても、実は身についていないことしばしば。
>続きをみる。

人に説明してアウトプット

あなたが今学んだ内容、自分に説明することができますか?
友達にわかりやすく教えることが出来ますか?
>続きをみる。

ブログに書いてアウトプット

なぜわざわざブログを使う必要があるのか?
それは、勉強する上で3つの利点があるから。
>続きをみる。

|

2011年11月14日 (月)

高校生の皆さんへ2 大学に行ったときや、社会に出たときのアルバイトの探し方について

trainfastfoodcloudsoccer今高校生の皆さんへ寿司マニアからアドバイス書かせていただきます。m(_ _)msprinkletoilet

アルバイトの見つけ方。restaurantyenwinemotorsports

コレは自分にあったアルバイトの見つけ方です。

まずアルバイトなどを見つける際重要なことは職種。職種は向き不向きがあります。

不向きな職種はつづかず、1年や半年でやめてしまう場合が多いです。

職種についてmusicwheelchairsign01atm

性格から見る。

人付き合いが苦手な方→1つきあいや目立つ場所に行くのが嫌いな性格の方は

いわゆる接客業は向かないと思われます。接客業とはサービス業のことで

コンビニやレストラン、スーパー、洋服屋、居酒屋、飲食店、ガソリンスタンド、売店、本や、めがねやパン屋など、~屋とつくお店です

これらの仕事はまずお客さんに感じ良く対応することが求められるので、長くやってると精神的に疲れてきます。また、飲食店などの厨房(食事係りや皿洗い)もスピードが求められる仕事なのでかなり追い立てられます。

逆に人前に出て目立ったりするのが好きな方には向いてます。

ではあまり目立ちたくない方はどういう職種がいいのか?

宅配(バイクなど)、工事現場(ガテン系)、引越し屋さん、工場内作業、力仕事、清掃員、チラシ配布(出来高制が多い)、肉体系の派遣業(何でもや、工事現場の手伝い、トラック助手)、宅配専門ピザの配達や宅配専門寿司屋などの宅配などです。

これらの仕事は人とほとんど関わらない仕事が多くせいぜい職場の人くらいしか話したりしません。宅配などはお客さんと話す。これらの仕事は肉体的にはややきついですが精神的には楽という利点があります。派遣業の仕事はほぼ毎日仕事場が違うとう言う特徴があります。嫌な人がいても2日3日で今度は違う現場で仕事できるという利点があります。

ハローワークやチラシなどでバイト探すときはこれらの仕事がいいと思います。

あと、ガテン系(工事現場)の仕事は結構柄が悪く怖そうな人が多い印象があると思いますがそんなことはないです。皆見た目は派手な感じの人が多いですが、これらの現場は女性が非常に少なく男の人がほとんどなので気を遣うこともなくすぐなれると思いますし皆優しい人たちです。また朝が早い現場とか多いことがあります。またガテン系の仕事は種類が多く「資格」などを取ればより多くの種類のお仕事を選択することが出来るようになります。例えばフォークリフトなどの免許を取れば、工場などのフォークリフトを使った仕事などにもつけるようになります。フォークリフトの免許は4日くらいで取れる簡単なものです。

工事現場関係の資格は→ http://www.tuutenkaku.com/naiyou.genba/genba.html 

http://www.shikaku-king.com/zyanrubetu/kougyoukei-shikaku.html

そのほかの資格 → http://www.shikaku-king.com/

資格は取るのが難しいものもありますが、すぐにとれる簡単なものもあります。

ただ工事現場は危険物が多いので最善の注意を払って仕事しなければ行けない現場でもあります。また、資格については電気関係や乗り物関係(パワーショベルなど)作業の種類などによっても取れる資格もあります。

後もう1つ仕事を選ぶ基準は、仕事場が自宅から近いこと。

やはり仕事場が近ければ通勤時間も短くなり負担も減ります。loveletterbreadapplespa

仕事場は近い場所が一番ですね。ただ一部の仕事は毎回違う場所へ行ったりする仕事もあります。postofficesportsfreedangerclipgame

|

2011年11月11日 (金)

高校生、大学生の皆さんへ 学校の勉強法について

このブログを見ていただいてる皆さんへ

寿司マニアから高校生、大学生の皆さんへ言いたいことがあります。

僕自身の体験談です。

学校の成績があまり芳しくない方へ。僕自身も学生時代は勉学で苦労いたしました。

僕自身日々の勉強が面倒でほとんどやらず、ゲームばかりしていました。結局学期末試験などは一夜漬けで赤点も取りました。

今回は、そんな成績があまり芳しくない皆さんへ寿司マニアから恐れながらアドバイスを書きたいと思います。皆さんのお役に立てればと思います。

では書きます。

学校で授業を受け、部活などもやってる方は家に帰って勉強しようとしても、ゲームしたりパソコンしたりで結局やらずじまいに終わっちゃう方も多いと思います。そしてそのまま学期末試験や中間テストなどに挑み、一夜ずけで結局赤点という方もいると思います。

つまりは勉強が面倒で普段の家での勉強ができない方がいると思います。

そういう方にアドバイスしたいと思います。僕自身実戦できないで偉そうなのですが、せめて何かのお役に立てていただければと思います。

それは一日10分~15分の学習法です。勉強するとなると1時間くらいやるというイメージが多いと思います。しかしその1時間というイメージが「毎日続かなくなる」という原因になってるのです。1日10~15分。このイメージが続けられやすい状態を作ると思います。

しかし1日たった10分程度でテストでいい点取れるのか?ということになると思います。

そこで逆に発想です。どうせ1日1時間頑張ってそれが続かなくなって結局一夜ずけになるなら、1日10~15分やってなるべく毎日続けてやれば少なくとも、一夜漬けだけは免れるだろうという考えです。1日10分でも、面倒になってやらない1時間よりはましだということです。1日10分の勉強法なら「めんどくさい」と思ってもたかが10分15分だと出来ると思います。また1日10~15分やれば学期末テストなどまで少なくとも2ヶ月くらいあると思うので、トータルでは、15分×45日としたら、トータル655分(11時間)位は勉強したということになります。もちろん45日は少なめに見ていますし、調子のいい日は1時間くらいやる日もあると思います。それを加味すれば15時間(4日間は1時間勉強)くらいは勉強できると思います。試験前に一夜ずけなら8時間くらいしかできないでしょう。

しかし15時間の元がありなおかつ一夜ずけが加われば23時間くらい勉強できたことになります。この違いはでかいはずです!。家での勉強がどうしてもはかどらない方は「放課後一人でクラスに残って勉強」をお勧めします。家での勉強が集中できなくても学校では不思議と集中できる場合があります。放課後15分くらい残って勉強し宿題なども済ませちゃうというのもいいと思います。

そして勉強時間についてはここまでです。今度は勉強するないようです。同じ勉強しても内容に差が出れば実力にも差が出てきます。勉強の要点について書きます。

学期末などのテストに向け勉強すべきことは、まずは大雑把な大きな事(内容、歴史なら出来事や年号。数学なら公式)から覚える。勉強すると細かいことまでやろうとしますが細かいことに行く前にまず大雑把内容から。コレが重要です。まず大雑把に覚えそれから細かいことを覚えるといいです。最初に細かいことを覚えようとすると頭の中がごっちゃになって結局テストで山が外れたりします。なのでまず山が外れないであろう確実な内容から覚える。コレ重要ですね。山をはずさないこと。学校で先生が何度も言うことや小テストや宿題などで出た内容(重要!)

。英語なら教科書の単語は取り合えづ覚えるなどが重要です。古文、現代文も教科書の難しい漢字や、文体など覚える。そして化学などは、余裕があればやはり暗記カードなどに元素記号を書き込んで休み時間や昼にめくって覚える。そして先生が「コレは出るよ」といったことは必須です!

以上です(._.)アリガト

|