« カキ工場での事件について 中国人が社長と社員の2人を刺殺 | トップページ | 谷間 »

2013年3月17日 (日)

いじめのループはなくせるか?という番組を見て

いじめのループはなくせるか?という番組を見ました。

いじめのループとはいじめられてた子が今度はいじめに加担してしまうということで

これはいじめないと、結局また自分がいじめられるというところからループになるということです。

番組には中学生が出ていましたがみないじめは良くないということ思ってるみたいで

いじめてる本人と話し合ったり、いじめを仲裁すればいじめはなくなくせる、という意見がおおくいじめについてあまり深く考えていないという印象がありましたが

女子などの意見はいじめが怖くてそんな簡単な問題ではないという意見があり

女子のほうが良く考えてるのかな?という印象はありました。いじめられた経験がある人も意外といてそういう人はいじめは簡単になくせない、いじめられるのが怖くていじめてしまうかもしれないという意見でした。

まあこの手の番組は結局答えなんか出ないので見てから感じたことはまあ今の学校という環境は厳しい環境なんだな・・と。

いじめは異常な関係を強いる犯罪と思ってます。

なので最後に僕が感じたのは、学校という場所の環境、システムに問題があるのかなと・・。

結局はそこかなと思います。やはり先生があまりにも弱すぎる。使えない。

いじめひとつ解決することのできない先生が仕切る教室という場所っていったい・・・と思います。

なので今の学校はシステムが遅れていると思います。いじめに限ってのことでもないと思いますが、学校でもっと積極的にいじめの主を排除するなり、何かしらの止め具のような効果のあることを行うべきでしょうね・・最後はそういうことと思います。

社会に出れば他人を脅迫したり、洗脳したり、傷つけたりすれば警察がやってくるんです。そして牢屋に留置されるんです。もうやるなよ?またやったら今度はもっときつぞ?ってね。

結局子供と大人というだけで、知識が多いか少ないか?体力が多いか?少ないか?

経験が多いか?少ないか?・・ということだけで

大人の罪に対する罰の形と、子供の罪に対する罰の形を変えることに、システム的な間違いがあるのではないでしょうか?話して何とかなる相手なら何とかなってますね。

いじめっ子を子供とらえてはいけないんです。子供の仮面をかぶった殺人鬼と思ったほうがいい。殺人鬼ですが体力がないのでいじめて自殺に追い込むんです。

|

« カキ工場での事件について 中国人が社長と社員の2人を刺殺 | トップページ | 谷間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事