« 映画レビュー 「ザ・グレイ (凍える太陽)」 | トップページ | 寿司マニアの中学高校生のための、学校で柔道の時間ヒーローになれる柔道講座 投げ技、実戦編その4 »

2013年3月 1日 (金)

寿司マニアの 学校の柔道の時間ヒーローになれる柔道講座その3 技のインパクトについて

こんにちは今回は立ち技(投げ技)のうまく決めるために必要な

技のインパクトについて短く書こうと思います。

柔道の投げ技を決めるために必要なのはスピードということを

以前書いたと思いますが、今回はさらに加えることによって

より技が決めやすくなる「インパクト」について書きます。

インパクトとは力の緩急です。たとえば技を決めるときに力が入った状態からすばやく技を決めようとしても、力が入ってる時点で相手に力が伝わっているのでいくらスピードよく技に入っても技は決めにくくなってしまいます。

ならばどうすればいいか?

たとえば時速5キロで進んでいる車が、次の瞬間一瞬で時速100キロのスピードになったらどうなるでしょうか?

おそらくとてつもない衝撃が加わってくることと思います。

これ同様投げ技も、相手と組んでいるとき、力を抜いて惰力だけで組みます。

するとあいては力が入っていないので油断します。ん?力が来ないぞ?・・・と。

そして相手がそう思った次の瞬間一気に思いっきりスピーディーに大外狩りに入ると

相手からすると反応ができなくなってしまうのです。

今までゆったりだったのに、急にババッ!!っと技に来られると

反応ができなくなります

これが「インパクト」です。

そしてこのインパクト(一瞬の大爆発するような力)が強ければ強いほど技が強力になります。そして決まりやすくなるのです。( ^ω^ )

|

« 映画レビュー 「ザ・グレイ (凍える太陽)」 | トップページ | 寿司マニアの中学高校生のための、学校で柔道の時間ヒーローになれる柔道講座 投げ技、実戦編その4 »

スポーツ」カテゴリの記事