« オレ的鉄拳タッグ2U攻略 66RK(フォーリャアタッキー)、横移動WK(中中JS)の使い道・・・ | トップページ | 寿司マニアの中学高校生のための、学校で柔道の時間ヒーローになれる柔道講座 投げ技、実戦編その1 5月3日 »

2012年5月 3日 (木)

寿司マニアの中学高校生のための、学校で柔道の時間ヒーローになれる柔道講座 受身組み方 5月2日

中学生、高校生の皆さんのために、体育の柔道の授業でクラスのヒーローになれる

「柔道講座」やりたいと思います。

この記事は中学高校の体育の授業で柔道やってる方、これからやる方のために、柔道のちょっとした基本テクニックを伝授すると言うものです。

柔道の授業で、人よりも強くなりたい方は一度読んでみてください。m(_ _)m

では書きます。

まず、柔道の基本中の基本、受身に入る前にさらに基本なのは「準備体操」コレでしっかり股や肩、腕、ふくらはぎ、太もも、2の腕、前腕と、全身の筋肉をしっかりストレッチ。

柔道の動きに入る前に体が硬くては技のちから効用が半減しますし、怪我の元にもなります。筋肉のすじなどのばすような怪我は1月2月では直りません。怪我してしまったら柔道すら出来なくなります。よく準備体操しましょう。さて

準備体操が済んだらいよいよ基本的な動きへ行きます。柔道の基本は受身ですが、まだその前にやることがあります。前転、後転、開脚前転、開脚後転等です。これらの運動を行いより筋肉のストレッチをし、また、怪我防止のみならず受身の練習にもなります。

さていよいよ受身ですまずは仰向けに寝て受身。この受身は、主に後ろへ投げ倒された時のための受身練習です。仰向けに寝て、顔を自分の腹のあたりを見るように顎を引きそして受身をとるときの動きを手で行います。腕はやや伸ばして(曲げない)両手で畳をバン!とたたきます(後方受身)。この感触を忘れないために何十回何百回と繰り返しましょう。この受身は当然「後ろへ倒された時の」受身なのでしっかり「顎を引くき後頭部を打たないようにする」。後ろに倒す投げ技にはもろ手狩り(プロレスでのタックル)や大外刈り、大内狩り、裏投げ(相手が投げにきたら腰を踏ん張って腹を突き出し相手を腹に乗せ後方へ倒す)などがありますね。これらの技を食らう時素人の方はしっかりと顎を引かず、後頭部を強打してしまいます。後頭部を打つと脳震盪など起こしたりします。なのでこの最も基本の寝た体制の受身はしっかりやりましょう。そしたら今度は寝たままの体制で今度は、右に返ったり左に返ったりします。返りながら、右へ返ったら右手で畳をたたきます(腕はやや伸ばす)

左に返ったら左手(少しのばす)で畳をたたきます。コレは先ほどやった真後ろへ倒される技ではなく斜め横や真横などに投げられた時の受身です。横に投げるような技は足払い系の技ですね。支え釣り込み足(右組み手[後で解説します]でお互い組み合い、相手の上体を右に引っ張りながら右足で相手の足を左方向へ刈ります)なども横に投げられるようなわざです。こういう技でわき腹や肩から畳に落ちると怪我をしやすくなります。そのために横受身があります。横受身は基本脇が開くと危ないので、脇を絞め上腕部分で畳をたたくように倒れていくと言うものです。そして横受身の次は前受身です。前受身は膝たちで立ち、まん前へ倒れながら両手で畳を捕らえ受身をするというものです。

倒れる時は脇を軽く絞め、なるべく頭部が動かないように顎も引き、両手をたたみのほうへ向け倒れてバタンと受身を取ります。前受身になるよう状況は例えば背負い投げをかけられグッと耐えようとしたとき、顔からたたみに突っ込んで行かないよう、前受身で脇を絞め腕の前腕部全体を畳につけて、受身を行うと言うものです。

その後立った姿勢から後方、横、前受身をやりますが、ここら辺は学校の先生や授業で行ってください。そして一番大事なのが前転受身(前回り受身)。

コレも汚しやすい難しい動きなので体育の教科書などよく読んでイメージを作って練習してください。この受身でもしっかり顎をしめて、頭をカバーします。

おそらく授業の半分は受身などの練習になると思いますが、この受身こそしっかりやるべきだと思います。怪我をしないためのものですから。

さて今度はようやく技へ入ります。さっき出た右組と左組 形としては右組は体は半身に構え右側の体(右腕と右足)が前に出るように半身に構えます。そして右手で相手の左襟(左胸を下へ沿ってる袖部の太い布部分)を掴みます。掴み方は5本指全部でわしつかみではなく、人差し指のみ掴まず遊ばせ、親指もほとんど掴まず遊ばせる状態で巻き込むように掴みます。

こうしたほうが強く掴みつつ手首の間接を自由に動かせるからです。そして左手で相手の右袖(右そで。 右腕部分のそでをつかむ。丁度肘部分や~肘上の部分を掴む)を掴みます。握り方は襟を掴む方法と同じです。手首がしっかり使える握り方です。そして握ってもパカパカと袖に隙間が開いていたら技に置いて重要な、力が伝わりません。なので隙間が開かないような握り方をします。まず相手の袖をワシッとつかめるだけ掴みその後少しずつ調整し締めこんでいき、隙間がなくなったら最後に掌を外側へ返すように巻き込みます。こうすることでしっかり捕まえ力も伝えられるようになります。

そして左組について左組は半身の構えで、左腕と左足が前に出るような半身の構えをします。組み方は左手で相手の右襟(右胸を下へ通ってる太い襟部分)を掴みます。握り方は右組のとき説明したのと同じように人差し指と親指は遊ばせ小指、薬指、中指の3本で巻き込ませるように握ります。そしたら右組のときと同じ様に今度は右手で相手の袖(腕部分)を掴みます。隙間の開かないようにしっかり握り、掌が外を向くようにねじりこみしっかり相手に力が伝わるようにします。

取り合えづクラスで行う柔道の練習試合などで一番使いやすい技は、足技と大外刈りとタックルですかね。この3つの攻め方が出来ればもうりっぱに駆け引きなどもできるようになります。今日はここまでにします。

この次技について語りたいと思います。

|

« オレ的鉄拳タッグ2U攻略 66RK(フォーリャアタッキー)、横移動WK(中中JS)の使い道・・・ | トップページ | 寿司マニアの中学高校生のための、学校で柔道の時間ヒーローになれる柔道講座 投げ技、実戦編その1 5月3日 »

スポーツ」カテゴリの記事