« 寿司マニアの中学高校生のための、学校で柔道の時間ヒーローになれる柔道講座 投げ技、実戦編その1 5月3日 | トップページ | イロモネアの2700超ウケタw »

2012年5月 4日 (金)

寿司マニアの中学高校生のための、学校で柔道の時間ヒーローになれる柔道講座 投げ技、実戦編その2 5月4日

さて、前回は大外刈りまでやりました。

次は大内狩りをやりたいと思います。

大内狩りは右組みの組み方で、左足(軸足となる足 踏ん張るほうの足)で相手の股の間に踏み込みます。そして右足で相手の左足を股から外側へ開かせるように刈ります。すると左足を外側へ開かれた相手はバランスを崩しますその瞬間、相手を後ろへ押してやれば相手は倒れます。丁度相手の左足が開かれ、支えがなくなった本来ある左足部分に体重を乗せるようにコントロールすれば崩れるように倒れますね。(゚ー゚)もしくは普通に後ろへ押してやっても倒れます。相手の足を刈るときは半円を描くように刈ってやれば効果的に決まります。(o^-^o)  動画解説→  http://www.youtube.com/watch?v=K4IxLY9n_-o&feature=relmfu 動画のように左へ回り込んでから足を引っ掛ける方法もあります(高度な技術)。しっかりと相手の左足を開かせるように刈り、刈った足の方向へ体重が乗るようにコントロールしています。同様に刈った時後ろへ倒す「変化」もあります。大内刈りのみならず技にはいくつかの入り方(変化)があり状況に合わせて使い分けるのが正しいです。

続いてタックル(もろ手狩り)です。もろ手狩りは相手の足を抱えて後ろへ倒す技です。

この技を決めるためには相手の懐へ入り込まなければなりません。なのでフェイントが重要になってきます。まず乱取り(練習試合)で相手と向かい合ったら普通に組に行くと見せかけます。そして組みにいくぎりぎりのところまで来たらその瞬間相手の腹部~腰部分めがけ一気に踏み込んみます。そして相手の懐に入ったら相手の腹部の横に顔を出し相手の両足の膝裏部分を抱えるようにして、一気に押し込みます。抱えた相手の足を引っ張っても効果は薄いです。勢いよく突進して押し込むことが重要です。一気に押し込んで両手で相手の足をひきつけるように抱えれば相手は後ろへ倒れます。このときも相手は後方受身を取ることで後頭部を打たないですむのです。また高度なテクニックで組んだ状態からもタックルに行けます。それは右組みで左手(引き手)で相手の袖部分を掴んだだけの状態で、相手に自分の右腕を掴まれていない状態のとき、右手(つり手 相手の襟を掴むほうの手)で相手のつり手を掴みにいくフェイントを入れながらそのまま低くタックルに入ってしまうと言うものです。コレは相手の意識を上(組み手)に行かせておいて、一瞬で相手の懐に入りタックルで足を狙っていく言うものです。相手からスレバ普通に組みに来ると思ったら下からタックルに来られたという感じです。また、この相手の袖(左手で掴む 引き手)だけを掴んでる状態の組み方は後で応用方法があるので覚えて損はないです。

ちなみに逆にタックルの防御(相手がタックルに来た時こっちが耐える方法)はすばやく足を後ろへ投げ出し胸で相手の後頭部あたりを圧迫しつぶし両手で相手の肩から手をいれ防ぎます。コレも一人で練習できます。すばやく腕立て伏せみたいな体勢になり腹を突き出すようにし、両手は相手の肩から入れて耐えるイメージでやりましょう。

続いて小内刈りです。小内刈りは右組みでくみ、右足で相手の対角にあるほうの足、右足を、これまた大内狩りと同じ様に股から外側へ刈るようにするのですが、体勢の性質上相手の足を少し、こちら側へ引き出してやるように刈り込みます。相手の足を刈れば相手は支えがなくなります。そうすれば支えをなくした部分に体重が乗るように両手でコントロールし引き落としてやれば相手は倒れます。

動画解説→ http://www.youtube.com/watch?v=KphfSJbPsSE&feature=related 

刈った方の相手の足を斜め前へ引き出すように刈り、足をなくした(支えをなくした)所へ刈り倒すように倒す。

また、少し高度なテクニックで小内狩りで刈った足をひっかけたまま自分の左手でつかんでしまうほうほうもあります。足で刈った相手の右足を左手に持ちかえて、そのまま片足状態になった相手を右手で倒します。このときも同じように、しての支えがなくなった足のほうへ崩せば倒れます。

大内狩り、小内狩り、タックルはこんなところです。

次は組み方について少し・・・。

通常組み方は右手で相手の襟、左手で相手の裾(肘部分付近を掴む)を掴みますが、ちょっと変形の組み方を紹介します。右手で襟を掴むところを奥襟を掴みます。奥襟とは、

相手の首の真後ろ部分、そこにある襟の延長上の部分です。すなわち相手の首根っこの胴着部分を掴みます。この組み方の利点は奥襟を掴んでひきつければ相手は首根っこからひきつけられるので抵抗できなくなることと、技もかけにくくなることです。奥襟を掴んだら相手をつぶすように体重を奥襟に乗せれば相手の動きはかなり制限されるでしょう。

この組み手(奥襟)から大外刈りは非常に効果的です。奥襟を掴んでることですぐに密着できますし、ひきつけて借り倒すのも簡単にできるようになります。ただしこの組み方になった時相手に後ろ(バック)に付かれて、裏投げ(バックドロップみたいな技)など後ろへ倒す技には注意。相手が密着しそう言う技に来た場合は、奥襟を持ってるほうの手を伸ばし相手が密着して来れなくなるように引き離してやれば大丈夫です。

ちなみに奥襟の取り方は色々あります。普通に上からガバッと捕まえちゃう方法もありますし、引き手で相手の裾のみつかんだ状態(さっき上で説明した組み方)から引き手(左手)で相手を引っ張り出しながら右手で奥襟を掴みに行く方法もあります。取りに行く時は奥襟は遠いのでジャンプしながら掴みにいくと掴みやすいです。

また、さっき説明した、左手で相手の裾だけ持った組み手(右手は相手に取られてない)で

大外刈りに行くことも可能です。左手で持ってる引き手(裾を持ってる)をしっかり掴み、踏み込みながら自由な右手を相手の首から首後ろにかけて「ガシッ!」と組み付きに行き勢いよく踏み込んでそのまま大外刈りに行きます。この技は相手が自分の右手、つまりつり手を持ってないので,相手は技に入られると不安定なことと、逆につかまれてない自分のつり手は自由なことが長所ですね(o^-^o)

相手は力が半分しか入れられないけど、瞬間的な動作により自分は全部いや、それ以上の力を相手に伝えることが可能なのです。

また、この引き手のみ掴んだ組み手(自分の右手、は取られちゃいけない)からは大外刈りばかりではないです。首投げにも行けますし、一本背負いなんかはより入りやすくより強力な技になります。一本背負いはこの相手につり手をもたれていない組み手からは、非常に入りやすいです。一本背負いに入る時は、引き手を引っ張りながら相手と同じ方向を向くように入ります。足は相手の両足のすぐ前に踏み込みます。

一本背負い動画解説→ http://www.youtube.com/watch?v=K_gOk9K8Qso

一本背負いの打ちこみです。この動画も相手に片方の腕(つり手 この動画では左手 この動画の人は左組みです。)はもたれてない状態から一本背負いに入っています。引き手(裾を持つ手 この動画では右手)出相手を引き出す。相手の股の間に深く踏み込む。すばやく回って相手と同じ方向を向く。相手の脇から手をいれ、相手の脇を下からしっかり抱え込む。膝は少し曲げばねを作り相手を持ち上げる。この動作を一瞬でスピーディーに行います。動画→  http://www.youtube.com/watch?v=NZ5k7qhm_QE&feature=relmfu

引き手で相手を引っ張るとき、相手の脇を開かせ、しっかり相手の脇を抱え込んでることに注目!φ(・ω・ )メモメモ

一本背負い動画→ http://www.youtube.com/watch?v=Fv1_MDGctm0&feature=relmfu

一本背負いの投げ込みです。ベーシックな袖を引っ張るものから襟を掴んで投げるものなど、一本背負いは応用が利きます。ただし3つめにでてくる、膝をついての低い一本背負いは危険が伴うのでお勧めしません。(* ̄0 ̄)ノ

また、一本背負い以外に大腰(一番最初に習う技)にも行けます。コレも一本背負いと同じ要領で入ります。そして当然これらのテクニックは全てスピードがなければ生きてきませんね( ^ω^ )

他に大内狩りにも行けますし、支えつりこみ足も出来るので、その2の記事で説明した、大外刈り→相手耐える→支え釣り込み足で前に投げるも使えます。

そして乱取り(練習試合)において寝技の存在も忘れてはいけません。寝技は投げた後すばやく相手を押さえ込むのですが、投げきれず、相手が崩れた時(4つんばいなど)でもそこからすばやく寝技に行って押さえ込むのも必要です。投げから常に寝技へ行くという心構えは重要です。

ここまで記事を書いてきましたがまあこんなところですかね。

やっと終わりです。あと奥襟のテクニックなどや寝技等は学校の授業で先生が奥襟は禁止とか、寝技はなしとかの提言があれば当然そっちに従ってください。

それではここまで読んでいただいてありがとうございました。

(o^-^o)m(_ _)m(._.)アリガトonethunderdashgooddog

|

« 寿司マニアの中学高校生のための、学校で柔道の時間ヒーローになれる柔道講座 投げ技、実戦編その1 5月3日 | トップページ | イロモネアの2700超ウケタw »

スポーツ」カテゴリの記事