« オレ的鉄拳6攻略 投げぬけ&下段ガードの練習方法 | トップページ | ストロングホールドクルセイダー攻略 序盤戦のすすめ方 3月13日 »

2012年3月13日 (火)

オレ的鉄拳タッグ2攻略 いまさらだけどタッグアサルトコンボ、チェンジについての考察 3月13日

いまさらなのですが、タッグアサルトについての考察。

今となってはタッグコンボ使わないプレイヤーはゲームセンターにはいなくなりました。それは大きなダメージが魅力の1つです。しかしこのタッグコンボには短所もあります。

それは控え選手の回復可能ゲージが0になってしまう。

なのであえてタッグアサルトコンボを使わない場面も選択肢の一つとしてあります。例えば控えキャラがメインキャラでなるべく温存したい場合や、回復可能ゲージが沢山ありアサルトで消費するのがもったいないと考える場合など・・・。また、ラウンドが始まり、先発キャラのHPが減り1回目の交代時、控えに回ったキャラの回復ゲージはかなりあるので、1回目の交代後はしばらくアサルトを控え回復させるというやり方もあります。タッグアサルトを避け、普通のコンボ又はチェンジコンボで抑えておくと言う戦略もありますね。( ^ω^ )

いまさらですが・・・・・(^-^;

あとエディクリコンビの場合は有利な点があり、控えキャラの回復可能ゲージがなくなり控えさせてるメリットが少なくなった場合、今使ってるキャラは回復可能ゲージがあるときはRP&チェンジボタンや3WPや41236WPなどで早々にチェンジしてしまうという選択も出来ます。そうすれば今まで使ってたキャラは回復させ、回復が終わった控えが出てくることができます。もちろんルピチェンジやフズィチェンジやベンヘラチェンジ狙ってコンボ決めるのもいいですね。もちろん控え選手の体力がちょっとしかない場合は別にチェンジする必要はないですが・・・・

|

« オレ的鉄拳6攻略 投げぬけ&下段ガードの練習方法 | トップページ | ストロングホールドクルセイダー攻略 序盤戦のすすめ方 3月13日 »

ゲーム」カテゴリの記事