« オレ的鉄拳6、タッグ2攻略 クリスティの扱い方について | トップページ | オレ的鉄拳6攻略 クリスティ 立ち回り簡単に。クリスティ立ち回り復習 »

2011年11月26日 (土)

オレ的鉄拳6攻略 クリスティ 固有技フレーム検証

クリスティの固有技のフレーム検証。

ソース→ http://wiki.livedoor.jp/inatekken/d/%a5%af%a5%ea%a5%b9%a5%c6%a5%a3/%a5%a8%a5%c7%a5%a3%b8%c7%cd%ad%b5%bbTT2#zira

クリスティのWKはガード時-10F。しゃがみステータス~ジャンプステータスの技。

WKLKはガード時+2F、ヒット時+13Fなのでガードでも最低当てていきたい。ガードでも有利なので使いどころがありそうな技ですね。ちなみに座りからのWKLKはガード時-1F

・座り状態からはRK(中段)が発生14~15Fで多分一番早い。ただ、座り6WKは下段スカシ性能もあり(発生18~28??)

・逆立ち~RP(ライトパンチ) はガード時-1F、ヒット時+6F。

・逆立ち~RK(パラフーゾ) はガード時-7F。ガードされたら再びすばやくRK(パラフーゾ)でカウンター取れる相手いますが、上級者は99パーセントつぶされるので、2(低い姿勢)~LK(下段)という回避の癖をつけたい。

・逆立ち~6LP(クイックジャブ) はガード時-0Fで五分ですが上段がネックかな・・(ノ_-。)。

・逆立ち~4LK(テーハシュタール。しゃがみステータスあり。下段) はヒット時+7F。まあしゃがみステータスあるので、逆立ちを上段でつぶしに来る相手に有効かな・・。

・逆立ち~2LK2(ヒラターニョ座り) はガード時-2Fで座りへ。この技出せば、座りを確認してからつぶすのはかなり難しいはず。

・横移動中WK(ファイスカ)はしゃがみに移行時はガード時-14F。しゃがみに行かない場合は-17F?近距離で相手の攻撃すかすように横移動から出すといいかも。

・立ち途中LK(ルピ)はガード時-12Fなので確反あるので乱用は禁物。特に立ちガード固める相手には要注意。ただ微妙に発生が遅いのでカウンターで当たってくれることが多いのもこの技。

・立ち途中LP(上段)はガード時-6F。

・走りLK(666LK)下段 はヒット時+6F。そこから座りへ。とりあえず座りに移行したらRKか[RKLK]出しとけば割り込まれないかな・・。

・66LK2(ベンリンプラダ。中段、座り)ガード時-3F。座り移行時すばやく6WK(クイックスプリング)出せば、下段蹴りすかせる場合あり。中段の技はすかせない。座りRK(中段)でもある程度はフェローできるかな・・・。

・4RK(アルマーダ上段)はガード時-5F。上級者には1発止めガ基本。もちろん下段や中段に移行しても大丈夫な相手には派生技使って行ってもいいが、上級者にはほぼ通じないので1発目で止めたほうがいい。そこから1WPや4RPや3RPなどに連携すると良い。

・1WK ガード時-10F。カウンターヒット時コンボ移行可能なので大きい。また、崩拳などのように1WPでは透かせない技をすかしたりするので状況によって1WPと使い分けるといい。まあ大概直線的な中段攻撃ならかなり打点低くてもすかせるはず。

::タッグ2の技::→8RKLK(ジラールバイシャシュタール 下段)はガード時+4Fで有利なので最低ガードさせれば座りもつぶされにくい。ジラール(8RK)のみの場合着地時しゃがみ状態なので、そのままルピとか出してもいい。たまあに使う程度に・・。

|

« オレ的鉄拳6、タッグ2攻略 クリスティの扱い方について | トップページ | オレ的鉄拳6攻略 クリスティ 立ち回り簡単に。クリスティ立ち回り復習 »

ゲーム」カテゴリの記事