« 世界柔道パリ大会 2日目 | トップページ | 寿司マニア的格闘技テクニック 腕ひしぎ逆十字の極め方。応用。 »

2011年8月26日 (金)

世界柔道 パリ 見ました 3日目

今日は2階級やって銀メダル1っこでした

残念!!!!!!

未熟物ながら書き込ませていただきます(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

81キロ級の高松選手はあまりこんなこと言っちゃよくないんですが、またか!!という感じでした。

上の選手の決勝戦ですが、ちょっと納得いかない部分があります

相手のフランスの選手ですが上野選手につり手を持たれやばくなると上手い具合に場外に出たり(動きの流れで)かけ逃げ的につぶれながら技をかけたりしていたように見えました。上の選手がつり手引き手取れた瞬間にフランスの選手は片方しか持ってなかったシーンがあったのですがその瞬間自分からつぶれるようなかけ逃げの技を上手い感じでかけてましたが僕にはかけ逃げって見えました。

確かに上手く巧妙に分からないように逃げていたように見えるのですが

僕のようなぺーぺーでも明らかに「あ!!コレかけ逃げじゃん!!にげてるじゃん!」と思うようなかんじでした。納得いきません!!

相手にも指導いってもいいんじゃないか?と思います。

よく外人はこういうかけにげや場外に出て逃げたりが上手いといわれますが

むしろこういうのを見抜けないで何が審判だ???

といきどおりを覚えました。少なくともスコア戦はどちらにも指導がいって、そして終始攻めていた上野選手が旗判定で勝ちだったと思います。\(*`∧´)/

もしくはこんなに審判が雑ならば日本人選手も上手く巧妙に逃げるテクニック(?)をつかうべきじゃ?と思いました。

|

« 世界柔道パリ大会 2日目 | トップページ | 寿司マニア的格闘技テクニック 腕ひしぎ逆十字の極め方。応用。 »

スポーツ」カテゴリの記事