« オレ的鉄拳6攻略 クリスティ キャラ別対策少々。 | トップページ | 寿司マニア的格闘技テクニック 総合格闘技 基本戦術 »

2011年7月11日 (月)

寿司マニア的格闘技テクニック8 打撃編 キック テクニック

打撃のテクニックについて書かせていただきます人( ̄ω ̄;) スマヌ

(ジャブ)ジャブは距離を測るために使われることもある。必ずしも顎にヒットしなくてもいい。相手の額やグローブに当て次のパンチで繋げたりとかの使い方ももあります。

(右ストレート)肘を開けすぎない。前足(左足)を伸ばしきらない。前足は少し曲げ重心を載せておくことで強いパンチが打てる。当たる直前に手首を返し手の甲が上を向くようにする。こうすると強いパンチになる。ジャブも同様ヒット直前に返す。

(フック)脇を絞め、肘も伸ばしすぎないよう注意。

横からの軌道なので顎だけでなく、テンプル(側頭部)も狙える。

(アッパー)打つときに、顎も一緒に上に上げないよう注意。タメの動作もあまりあからさまだと相手に気づかれる。振り切ったときにバランスを崩さないよう注意。

ちなみに総合などではオーソドックス構えならば左のアッパーが使用頻度が高い。奥の腕のアッパーはほとんど決まらないらしい(;´▽`A``。奥の腕のアッパーは、飛び込んで打つくらい。

(パンチのディフェンス)

パリング(相手の右手のパンチ攻撃には自分は左手で外から内に流すようにして受ける)

は同じほうのうで(右パンチに対し、右手で受ける)で受けないように注意。

スウェーは後ろにそり過ぎないよう注意。ステップアウトで後ろに下がる。

フックのディフェンスはブロッキングで受ける。腕を下げ顔面にパンチを受けないよう注意。

(ローキック)足の甲で蹴ろうとするとつま先に当たって足をくじくことがあるので足首付近で蹴るように。蹴ってるときは顔面をしっかりガード。反撃を食らわないよう注意。

(ミドルキック)相手にキャッチされないように蹴ったらすばやく元のいちに戻す(引く)。

蹴ってる間は腕で顔面をガード。

(ハイキック)蹴るときは顔面はガードする。踏み込んで上体を下げて腰のひねりを加えてける。足だけで蹴り上げない。側頭部にヒットさせるが相手の肩に当て滑らせるように側頭部を狙ってもいい。

(膝蹴り)蹴るときは足首を伸ばすことで膝がより鋭角になる。

|

« オレ的鉄拳6攻略 クリスティ キャラ別対策少々。 | トップページ | 寿司マニア的格闘技テクニック 総合格闘技 基本戦術 »

スポーツ」カテゴリの記事