« 寿司マニア的格闘技テクニック(柔道・技術)3 | トップページ | ボクのアバターです »

2011年5月26日 (木)

寿司マニア的格闘技テクニック(柔道・技術)4

大内狩りと小内狩りのコツを書きます

右組みの場合、大内狩りと小内狩りは相手が立ってるとき大内狩りなら相手の左足を自分から見て右方向へ開くように刈り、相手の足が開いて不安定になったら後方へ押してやれば倒れます。小内狩りは相手の右足を、自分から見て左側へ開くように刈ったら後ろへ押せば倒れます。

もろ手狩りのコツ

もろ手狩りは顔を上げて、背筋を伸ばして入ります。すばやく相手の懐まで入り相手の両足を抱えます。胸を相手に当てるように入ります。

そして相手の足を抱えたら相手の体を上へ持ち上げながら後方へ押し込んでいきます。

相手を持ち上げることにより相手の踏ん張る力を殺すのです。

では逆にもろ手狩りをかけられたときの防御方法。防御方法はすばやく自分の両足を後方へ引きます。足をもたれる前に後ろへ引きます。そして相手の背中や後頭部に体重を乗せつぶします。さらに自分の腕を相手の肩口の上から差込ます。

もう1つの方法は相手がもろ手狩りにきたらすばやく自分の腰を落とし帯取り返しです。

他にももろ手狩りで突進してきた相手を左右にいなす方法もあります。この場合も相手の肩口から腕を差し込むといなしやすいです。そして残ったもう片方の手で相手の後頭部から背中の辺りを押し落としてやるといいです。(すいません。柔道で相手の後頭部を押す行為は反則かどうか忘れてしまいました。指導者の方に聞いてみてください)

掬い投げに関して・・・

掬い投げは基本けんか四つのときに有効です。けんか四つとは右組み対左組みのことです。相手が内股にきたら、相手の跳ね上げようとする足を外側へすかします。そしてすかすと同時に相手のまた付近を抱え、腰を入れて相手を回すように投げます。背負い投げ、一本背負いなどに来たときは、外側へよけてすばやく腰を落とし相手のまた付近にてをいれ、腰をいれて(へそで持ち上げるかんじ)投げます。掬い投げは合い四つでも出来ますが、けんか四つのほうがやりやすいです。合い四つとは右ぐみたい右組み、左対左のこと。

|

« 寿司マニア的格闘技テクニック(柔道・技術)3 | トップページ | ボクのアバターです »

スポーツ」カテゴリの記事