« オレ的鉄拳6攻略 クリスティ 小ネタ | トップページ | オレ的鉄拳6攻略 クリスティ スティーブ対策 »

2011年1月24日 (月)

オレ的鉄拳6攻略 クリスティ  小ネタ2

ジャックや熊、ガンリュウをダウンさせた後WKや6WK、66WKなどで責めるのもいいです。

不用意に近づくと危ないです。(起き攻めに会う)。

236LKで立ち途中LKが出ますが、コレのコツは2をチョンと押しすぐに36をスライド押しながら

LKです。2のチョンは右横移動するくらいが丁度いいです。まあ崩拳けんみたいな感覚で出しても出ます。牽制(ただ出が遅いので注意)や相手ダウン時後転で起き上がろうとするときこの技で拾って、ベンヘラ~コンボが入ります。

ちなみにベンヘラカウンターヒットからのコンボはすわり~すばやくRPRK4逆立ち(バウンド)~すばやくRP~立ち途中LPLKのコンボがダメージ大きいです。そしてすばやく前転で

近寄って立ち上がり下段キックのLKでさらに追加ダメージ。

クリスティで勝つには引き出しを沢山もつことだと思います。

初心者には座りからの2択などで勝てますが、中級、上級者には

立ち状態の攻め、逆立ちの攻め、すわりの攻めそしてさらには(横移動、立ち途中、しゃがみ中)のそれぞれの攻めのバランスが大切です。

簡単に言えば1ラウンドはすわりで攻め、2ラウンドは立ちと逆立ち、3ラウンドは横移動、しゃがみ、立ち途中技、逆立ちなどで攻めるということですがあくまでこれはたとえで

ラウンドごとじゃなくてもこの攻めの次はこれとか

相手が忘れたときに次の引き出し次の引き出しと攻めるのが相手をかく乱させるイイ手だと思います。もちろんクリスティの攻めはこれのみに尽きませんが

忘れた頃に座り攻撃(生すわり、生逆立ち中LKなど座りに行くということを悟られにくい技)を出せば相手が座りなどに対処しにくくなります。punch

|

« オレ的鉄拳6攻略 クリスティ 小ネタ | トップページ | オレ的鉄拳6攻略 クリスティ スティーブ対策 »

ゲーム」カテゴリの記事