« 国分寺恋ヶ窪のすし屋 | トップページ | オレ的鉄拳6攻略第2弾 クリスティ »

2010年9月16日 (木)

オレ的鉄拳6攻略(PS3) クリスティ

まずボクのメインキャラはクリスティです。

ではクリスティの扱い方から。クリスティは座りの状態が一番強いと思います。強力な技があります。いかに座るか、これはこのキャラの大きな課題です。

上手いプレイヤーは座りを的確につぶしにきます。コンボなども入ってしまうこともあります。なので相手に悟られないように座りに移行することが大事です。また、座ったと見るなりバックステップで間合いを取る相手もいます。こういう相手はやりずらいです。

こういうときはすばやく立って接近してからまた攻めましょう。まず基本的な攻めにマカコエンペ(上段)があります。ここから下段上段・・・と揺さぶりハメタリ、コンビナソマカコエンペへ移行したり、マカコ1っぱつ止め~浮かし技や出の早いマウン、投げなどで攻めるのもいいです。イスカラディモオウンもいいでしょう。

次に大きな攻め方は、生座り~RP、RKです。ここから逆立ち~パラフーゾはほとんど割り込めないので反撃してくる相手には有効です。守る相手には逆立ちからのコマンド投げ。

また座り~RPでとめてコマンド投げ(3WPなど)もいいです。よく掛かる技です。そして生座り~テゥファオンが基本でしゃがみガードする相手には当然LK、RK(中段)の浮かし技です。次は座りへの移行です。ベンヘラは上級者にはまず通用しません。

つぶされます。なので横移動中LK(中段)の滑り込むように入るけりです。この技は↓でキャンセルできるのでその後下段のテゥファオンなどを出すと効果的です。あとはダッシュからの滑り込み下段技もいいです。ビリバなどと2択にするといいでしょう。他には3LK~座りも相手には見破りずらいです。あと横移動中RKで下段の技が出ます。

この技は姿勢も低くなるし出も早いのでけん制に使うと相手にはうざったいでしょう。

この技からデゥプロに移行し意表をついて座るといいでしょう。また相手は基本座ると

下段を意識する人が多いです。なのでトロッカエアタカールを積極的に狙ってもいいと思います。まあケースバイケースですが・・・。

あと間合いを取ろうとする相手には生座りを多用すると危険なのでそういう相手には生逆立ちで攻めるのもいいでしょう。生逆立ちからはパラフーゾが強力です。あとライトパンチ、レフとパンチからの派生技もリーチがあるので有効です。

後座りに移行する中段の足落としみたいなのと、4LKのこれまた座りにいける下段も有効です。RPからの派生のRKで出る下段けりは技後すばやくロングレンジスローに行ったり

ビリバとで2択を迫って浮かすのもいいです。またLPはLPでとめてそこから8WK(中段)

~3RPも割り込まれにくいです。ここで話が変わりますが強い相手に使いすぎてはいけない技があります。それはまずベンヘラ、9WK(あたり判定強いですが確反されます)

1WP(避け性能高いですがすかされるとやばいです)6RK、LK、WK(出し切りは良くないです)・・・とまあこんな感じです。今日の攻略は取り合えづここまででつづきはまた今度書きます。

|

« 国分寺恋ヶ窪のすし屋 | トップページ | オレ的鉄拳6攻略第2弾 クリスティ »

ゲーム」カテゴリの記事